読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Base Filtering Engine は Firewall に必須

Otbedit が起動しない問題は、otbedit_local.ini を 0B にし、アクセス許可機能を使って書き込み禁止にすると再発しなくなったが、当然のことながらファイル履歴が使用できず、不便だったため、根本的な解決を図った結果、成功した。otbedit.ini は、XP 時代の PC から引き継いだもののため、Win 8 の新 PC には適応しないデータが存在すると予想し、これを一度、抹消した。配色やフォントおよびキーボードショートカットの設定を 0 からやり直し、新たな otbedit.ini を作成した。すると、それからは、いつでも正常に起動できるようになった。

COMODO Internet Security Premium (CIS) の Firewall が機能していない時期があった。原因は、サービスの Base Filtering Engine が停止していたためであった。このサービスは、ファイアウォール関係に影響するものであるというようなことが、概要に書かれている。Windows ファイアウォールは無効にしていたので、このサービスも必要ないだろうと無効にしていたら、Windows ファイアウォールだけでなく、それ以外のファイアウォールにも影響があったのであった。今は自動にしてある。

Windows Me の時代から、限られた CPU パワーとメモリを節約することに力を入れてきた。不要なバックグラウンドアプリケーションを自動起動しないようにしたり、フォントのアンチエイリアスをかけないようにしたりだ。無駄なものを削ることが癖になっている。そのおかげで、上記のような問題が発生するのである。新 PC は、CPU i5 1.8 GHz, メモリ 4 GB というスペックであるため、もう、極限までチューニングする必要はないのに、ついついやってしまう。まるで、コードゴルフのようだ。

アカウント画像の変更で、適当な画像を設定して、履歴を消したら、デフォルトの画像に戻せなくなってしまった。あの、のっぺりとした灰色の人間アイコンは、今、どこにいるのだろう。

広告を非表示にする