profile_image_url_https

いやしかし、気温が低くなってきたせいか、膝がやや痛む。そして、税金を払いたくなさすぎる。余るほど大量に稼いでいる身分であったなら、仕方ないねと諦めるが、余裕のない収支なので、きつい。税金のせいで生活が圧迫され、心にも余裕がなくなっていく。どうしたらいいんだろう、このやるせなさ。

Twitter のアイコンや、投稿されている画像が表示されなくなったりしている。HTTPS で twimg.com につないだとき、

  • セキュア処理を完了することができません

  • 保護された接続: 致命的なエラー (1066)

  • ウェブサイトの身元を確認できません(OCSP のエラー)

  • OCSP サーバーからのレスポンスが古すぎました。

などというエラーメッセージが出る。ブラウザは Opera 12.16

HTTP でつなぎ直すと、取得できるときもある。

自前クライアントでは、Twitter API で取得できる JSON 内の profile_image_url_https というプロパティから、HTTPS な URL を得て、アイコンのための img 要素の src に入れているので、これを profile_image_url に戻してみたら、アイコンは概ね表示できるようになった。

投稿された画像については、media_url_https を media_url に戻して同様に。

HTTPS は HTTP よりセキュアだと云われている。近年、Twitter や GitHub, Google などのサイトが、あらゆる URL を HTTP から HTTPS に変更した。詳しいことはよく分からないが、乗っ取りや盗聴のような、悪質な行為からユーザーを守るための措置だった気がする。

Twitter での、アイコンや、投稿された画像を HTTP で取得したからといって、そんなに危険でもないだろう、という判断で、今回の応急処置を行ったわけだが・・どうだろうかな。

サーバーの一時的な問題なら、直るまで待てばいいが・・古い Opera ではどうしようもないということであれば、こんな応急処置でなく、どうにかせねば。いよいよ乗り換えの潮時か。

広告を非表示にする