KLK3

つい最近は・・・もう秋やのう、ヤス。よし倒す(書く)ぞ。

キルラキル 3 話を観ました。とってもおもしろかったです!

はい。

今まで一番好きな回だった。主人公がラスボスと戦ったのだけど、カメラがよく動いていて迫力があった。ラスボスの戦闘服もまた「ハレンチ」なつくりになっていたが、主人公と違って、恥じらいが全くなく、その機能性を気に入っていた。主人公はフルボッコにされていたが、途中で覚醒し、真の形態へと変身して、反撃に転じた。力強い展開に BGM が重なったことで、目から水が零れ落ちそうなほどに、熱い演出となっていた。

このアニメは、ストーリーは全く無いといっていいほどにシンプルで、演出が表現の全てである。なので、ぼけーっと観てても、話が分かるので良い。京騒戯画の逆パターンである。

主人公の友人が物申す際、ていねいにジェスチャーをまじえる、という演出があるのだが、ヒップホップのラッパーの振る舞いそのもののように感じた。

また格ゲーオンラインをやっているのだが、昔、何度か戦ったことのある、ランクの高い人と、久々に試合をした。昔はフルボッコだったが、今回は、1 本取ることができた。勝ちはしなかったけど、何度か、相手の次の動きを予測し、裏をかいて大きい技を当てることに成功した。ある時、下段読みのジャンステが刺さり、空中コンボに持ち込んで、ギリギリまで追い込んだのだが、最後の最後に、ガードさせてフレーム超有利になる技を当てられた。それはガードできたし、次の下段までも読んでいた。なので、ライトゥーを撃ったのだけど、間に合わなかった。つまり、ジャンステが間に合わないほどの硬直があったということだ。アリサのダッシュパンチ。

あと、相手の攻撃が止んだ時ににしゃがパンを撃ったけど、横移動でかわされて、ジャブを入れられることが多かった。そこで、ホーミング技である、ロジャーの WP を撃つようにしたら、一回だけだが、ヒット成功した。

広告を非表示にする