読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京弱

京騒戯画 4 話を観た。ふつうだった。今回に限っては、もはや過去についての知識が集積しているせいか、謎は少なかった。もしかしたら、この話を単体で観ても、それなりに完成度は高いのではないかな。

ただ、その分、メインストーリーは進まなかったので、謎の解明を期待して観ている自分のような人間にとっては、おもしろさが少なかった。新しい情報としては、兄弟仲がいかほどか、という点である。妹はヒステリーだし、怒ると鬼の本性を心身ともに発露するという、困ったキャラクターであり、兄も兄で自分勝手で、人に優しくすることを怠っているキャラクターである。その二人の仲は、悪い。が、最後には、少し、良くなった兆候が発現したのでよかったとおもいます。

弱虫ペダル 4 話を観た。前回までは、レース編だったわけですが、今回は、一転して、新しいキャラクターとの出会いと、友情の結成がありました。よかったですね。

新しいキャラクターの名前は、4 話のサブタイトルにある通り、鳴子くん、で合ってるんだろうかな。人の名前を憶えない鑑賞ユーザー。

鳴子くんは、しばらく、主人公の「小」野田くんのことを「大」野田くんと間違って呼んでいたんだが、「おのだ」か「おーのだ」という微妙な発音の違いなので、「名前を呼び間違えている」という説明がなければ、気付かないレベルだった。アニメでは、キャラクターの個性として、声優さんが独特のイントネーションでしゃべる場合も多いので、そうとも取れる現象。いわゆる若本ボイスなんかは、この世に存在しないくらいクセのある発話だし。

広告を非表示にする