読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ連続100日目

さて。今日の記事を投稿すると、このブログ連続更新日数が 100 日になる。記事の数ではそれ以上になるが、以前、腹痛で寝込んでいたところ、更新できなかったことがあるため、連続更新記録としての 100 日目は初である。

どういう気持ちでブログを始めたのかは忘れた。とりあえず毎日更新しようと決めて、できるだけ律儀にやってきた。

このブログでは、プログラミング、PC ネタ、ゲーム、アニメの話題がメインであったように思う。書きたい意欲あふれる日もあれば、全く書きたくない日もたくさんあった。ネタがない日なんかは、最近みた動画なんかを取り上げて、無理やりネタにしたこともあった。

このブログの記事は、まず、テキストエディタで作成している。記法は Markdown で、文字コードUTF-8. テキストファイルとして保存し、そのサイズが 2KB 以上ならば、記事が完成→投稿、というのをこの 100 日間やってきた。書きたいことが思い浮かばないときは、少し書いてはテキストファイルのサイズを頻繁にチェックして、「早く 2KB に到達しないかなー」なんて思いながらやっていた。

今、現在も、あまり書く気はしなくて、テキストファイルのサイズを確認したところ、1.35KB だった。あともう少し書く必要がある。

数日前から、なんとなく、ブログ連続 100 日投稿を達成したら、毎日更新をやめる、という新ルールを意識し始めた。その気持ちは今もあるので、今日の投稿をもって、ブログの毎日更新は終了する。気が向いたら書く、ということでやっていこうかなーと。2KB の縛りも終了だ。

このブログの毎日更新を始めてから、Twitter への投稿がかなり減った。以前は、Twitter に投稿しない日はないというくらいに、頻繁にツイートしていたが。書くべきことはすべてブログで吐き出すようになった。

今日を境に、Twitter に書く量も増えるような気がする。Twitter をやったからといって、何かが満たされるようなことはない。承認欲求は終わらないのだ。ブログでこういうふうに文章を書く分には、どこか、承認欲求とは別の感情のほうが大きい。すなわち、充実しない毎日の中で、唯一覚える、達成感である。

明日から、ブログを書かない日が、当然、発生するわけだが、達成感は欠乏するだろう。そのときになったら、自分は、どういう方法で、欲求を満たそうとするだろうか。drawr への落書き投稿、プログラミング、DTM, ツイート……一応は生産的・創造的といえるそれらは、ブログ以上の達成感をもたらしてくれるだろうか。はて。ブログを始める前は、そのへんどうやってたんだっけ。

季節の変わり目は、心身の調子を崩しやすい。

もうすでに 2KB は超えているが、せっかくの毎日更新終了記念記事なので、書けるところまで書いてみよう。

昨日の食事は、カレーライス一杯のみだったので、今日はいつも以上に空腹を覚え、くらくらすることもあった。むしょうに、こってりしたラーメンをうまうま食べたくなった。スープの味が脳内で再現される。が、食べたのはいつもの冷凍食品で、食糧備蓄の補填として袋ラーメン 5 パックを購入。

何のために生きているのか。それは決まっている。腹が減ったときにうまいものを食べるためだ。

ただ、やはり、この人生はむなしくて、十代後半から二十代前半にかけて、「おれはダメ人間だ」とか言っていた時期のほうが、まだ、向上心があったために、救いはあった。今の自分は、完全に、ぬるま湯でのぼせている。何一つ、充実することはない。なんにしても、回避して、逃げて、諦めて。いつも通り、布団に横たわって、PC やゲームで暇を潰している。

とかいって。この手の話は、いつまでもだらだらとつづいてしまう、泥沼だ。怠惰によるダメ人生は、その重い腰を上げることによってしか好転しない。

というわけで。なんだろう。ブログを書くことで、心の足りない部分を、ある程度、補ってこれた。これからは、どうするか。謎は尽きない。

広告を非表示にする