カビキラー

暇すぎて風呂掃除をした。一年前くらいに買って使ってなかったカビキラーを使用してみた。トリガーを引くと、泡が発射する。カビで黒くなった壁にスプレーすると、黒さが消滅し、きれいになった。こんなに強力なものだったとは。

大量に散布したせいで、カビキラー臭がすごい。ある程度、水で流したにもかかわらずだ。そのため、換気のつもりで部屋の窓を開けている。もう日は沈んでいるので、なかなかに寒い。

つい最近は、赤ちゃん系の動画がおもしろい。その中でも、特におもしろかったのが、赤ちゃんが、電話をする真似をするというもの。

喃語ではあるが、「わかりました」と言ってるような部分もあり、雰囲気的には、本当に電話をしているかのようだ。時々、深くおじぎをする場面があるのだが、頭が重いのに、よくバランスを保てているなあ、と感心する。模倣は、視線の動かし方にまで及んでいる。どこか遠くを見ている様子は、電話中の人間そのものである。

総じて、父親の仕事の電話の物真似だ。赤ん坊とはいえ、観察力が高く、よく記憶できており、実践までできるとは驚嘆に値する。ヒトの知能は、幼い頃から優秀らしい。

広告を非表示にする