読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソブログ第一回目

実用寄りな情報をまとまった文章にして記事にしていくブログ http://0mg.hateblo.jp/ を 5 日連続で更新したところで、ネタが尽きてしまった。

そこで、新しいブログを開設した。

はてなブログでは、一つのアカウントにつき、無料で 3 つまでブログがつくれるようになっている。

このブログでは、頭の中にある情報をメインに、記事を書いていくことにする。つまり、日記のようなものだ。いや、それよりもひどい。何しろ、妄想も含まれるだろうから。

こういうブログをクソブログといいます。

さて、記念すべき第一回目。何を書こうかしら。それすらもすっと出てこないほどにネタに飢えている。その場の思いつきは Twitter に投下していけばいいし、まとまった文章を書くとなると、何か、テーマがあるべきなのではなかろうか。そんなこともないか。と、どうでもいいことで文字数を増やしている。いけない。こんなことではいけない。おもしろいことを一つでも二つでも、書いてみやがれ。書いてみやがってください。

今日は、ずっと、ブログに書くネタを思いつこうと、頭の中で、足掻いていたのだが、結局、このざまである。このような文章は、何かしらの検索結果にノイズとして混入するだけであり、百害あって一利なし。今すぐ削除するべきである。……いや、本当にそうなのだろうか。

十年ほど前にテキストサイトという、おもしろいジャンルのサイトを知ったきっかけは、検索結果経由である。ノイズがいいふうに作用することもあるということだ。しかし、この文章を読んだところで、誰にとっても、いいふうに作用するとは思えない。今の世の中、おもしろい記事はたくさんある。テレビ番組の代替、とまではいかずとも、そこそこ暇を潰せるコンテンツがあちこちに転がっているのだ。十年前とちがって、音楽も動画もある。そんな中で、このようなしょうもない中途半端なクソくだらないクソ記事で誰の暇を潰すことができるというのか。

と、ここまで、書いてみて、この記事を本当に投稿するかどうかを迷った。Web にゴミを増やしてどうする。クソブログはここだけではない。それこそ、クソのような数のクソブロが蔓延っている。みんながゴミを散らかしているんなら、自分一人くらいが自粛したところで、たいしたエコにはならない。ならば、躊躇する意味はない。投稿せよ。

……いや、待てよ。これは、日本人の悪いところだ。赤信号、みんなで渡れば怖くない。悪いと思うんなら、周りは関係なく、止すべきなのだ。しかし、もう、遅い。時間を割いて、ここまで書いてしまったのだから、捨てるのは勿体無い。

だいたい、Web にゴミを散らかしているとか、検索結果にノイズを混入させているとかいうのは、歪んだ解釈の一つだ。実際のところ、事実として正しいのは、「この記事を投稿すると、はてなサーバーに保存される」という一点のみだ。検索エンジンは、勝手に、この記事を拾う。そして、そんな、ゴミも溜めるような検索エンジンを、役に立つ情報しか出てこない便利サイトとして期待し、使ってみて、役に立たない記事があったら嘆く、そういう平和ボケしきった態度のほうが間違っている。

しかし、仮にそうだとしても、この記事がクソであることにはかわりがない。

神よ、僕にチャンスを下さい。僕に勇気を下さい。どんなに無視されようと、飽きられようと、いつか、幸運をもたらすよう、風を巡らせて下さい。

広告を非表示にする